はわわ速報

はわわ…と思ったニュースや出来事をお届けします。

  • Twitter
  • RSS


    Image: Microsoft via Gizmodo US

    そろそろ潮時?

    Windows 10の正式リリースから2年半が経ちます。当初は、Windows 7ユーザーへの無償アップグレードという大盤振る舞いで、一気に世界のトップシェアOSへと躍進するのかと思いきや、たとえタダでもWindows 10へはアップグレードしたくないってユーザーも少なくありませんでした。それゆえ、古くは2009年にリリースされたWindows 7のシェアを、なかなかWindows 10のシェアが抜ききれないという状況が続いてきましたが…。

    このほどOSやブラウザのシェア率を見ることができるサイトStatcounterは、2018年1月時点での世界のWindows OSの利用シェアに関する最新データを発表。Windows 10のシェアが42.78%を占め、初めて41.86%のシェアのWindows 7を上回り、もっとも世界で使われているOSの座に輝きましたよ! きっと今後は差がドンドンと開いていき、Windows 10こそがパソコンOSの代名詞となっていくことでしょう。

    Image: Statcounter

    新OSへの移行は、Windows 8時代から導入された新たなユーザーインターフェース(UI)への抵抗や、古いOSでしか動作しないソフトウェアやサービスを仕事で使い続けなければならないといった事情で遅々として進んでこなかったのも事実です。しかしそろそろWindows 7への固執は捨て去ったほうがよい時期へと差しかかっているのかもしれません。なんといっても、すでにメインストリームサポートは終了したため、新機能の追加は実施されない状態に陥っているほか、セキュリティパッチの提供が行なわれる延長サポートも、2年後には打ち切られることが決定していますからね。

    いまやタブレット型のタッチスクリーンでWindowsを利用する人も増えてきましたが、Windows 7でのタッチ操作およびスタイラスサポートは、使ったことがある人なら、だれでも大きな不満を覚えることでしょう。Microsoft(マイクロソフト)製のグラフィックスAPI「DirectX 12」は、すでにWindows 7を動作対象外としていますし、Windows 10が備える通知機能は、はるかにWindows 7よりも優れています。Xboxとの連携なども、Windows 10では見事に実現していますしね。Cortanaによる音声操作への対応だって、高い評価を得ているようですし~。

    移行の準備期間を考慮すると、2020年に迫るWindows 7の完全サポート打ち切りまでは、すでに秒読み段階に入ってきたと考えてもよい時期かもしれません。まだWindows 7を使い続けているあなた、そろそろ本気でWindows 10への移行を検討してみるのはいかが?


    Image: Microsoft via Gizmodo US, Statcounter
    Source: Statcounter

    Sam Rutherford - Gizmodo US[原文
    (湯木進悟)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【Windows 7、ついにWindows 10へOSシェア率首位を譲り渡す… はわわ...】の続きを読む


    懐かしのゲーム(ジャレコ、データイースト、アテナ)が蘇る!

    株式会社JNNEX(URL:http://www.jnnex.co.jp/)は現在発売中の互換機、レトロビット「レトロデュオ」用のカートリッジを新たに3種類のカートリッジを2月28日(オープン価格)に全国ゲーム販売店にて発売致します。8ビットカートリッジ並びに16ビットカートリッジが使える互換機のレトロビット「レトロデュオ」は米国INNEX社がアジアを除く世界に販売をしている互換機です。日本では一昨年より株式会社JNNEXが日本国内用にローカライズをし、販売をしております。

    既に、株式会社JNNEXはレトロビット「レトロデュオ」用カートリッジとして国内有力メーカーの複数タイトルを1カセットに内蔵した8ビットカートリッジ(2種類)と16ビットカートリッジ(7種類)を発売しており、好評を博しております。

    この度発売をするカートリッジは次の通りです。

    ◎商品名:8ビットコレクション ジャレコ Vol.02
    内蔵3タイトル:忍者じゃじゃ丸くん/エスパ冒険隊/ピンボールクエスト(海外版)


    ◎商品名:8ビットコレクション データイースト Vol.01
    内蔵6タイトル:バーガータイム/サイドポケット/BAD DUDES(ドラゴンニンジャ海外版)/バギーポッパー/大怪獣デブラス/ダークロード


    ◎商品名:16ビットコレクション アテナ Vol.01
    内蔵5タイトル:プロ麻雀 極/プロ麻雀 極II/プロ麻雀 極III/描いて、作って、遊べるデザエモン/バイオメタル

    (C)G-MODE Corporation
    (C)Athena /(C)TRINITY

    【お問い合わせ】
    株式会社JNNEX(ジェイネックス)
    TEL:03-6709-8990(代表)
    URL:http://www.jnnex.co.jp/

    【株式会社JNNEX概要】
    2016年11月に設立し、2017年1月1日に昔のゲームの奥深さを再び味わっていただくために有力メーカータイトルを複数内蔵したレトロビット「GENERATIONS」を皮切りにすでにシリーズ3種類を発売しており、今後も第4弾、第5弾を予定しております。
    今回は更にレトロビットシリーズ製品の一角を担う8ビットソフト並びに16ビットソフト互換機「レトロデュオ」用のカートリッジを新たに発売し、互換機「レトロデュオ」を更に楽しんでいただける事になります。
    今後の互換機「レトロデュオ」用カートリッジについては、ソフトの更に充実を考えており、続々と有力メーカータイトルのカートリッジ発売を予定をしております。 

    配信元企業:株式会社JNNEX

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【往年の名作ゲームのカートリッジを発売! はわわ...】の続きを読む


    TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』より、2月2日に誕生日を迎えた双子メイド「ラム&レム」の妹・レムが新たにフィギュア化。今回はBlu-ray/DVD2巻のジャケットイラストが元になっている。

    【大きい画像を見る】フィギュア「レム」12,300円(税込)(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会


    【フォトギャラリー】鬼化もできます!フィギュア「レム」をもっと見る?

    本フィギュアでは特徴的なメイド服を軽やかに再現。小物のティーセットも精密に造形され、メイドの仕事に勤しむレムが“鬼がかった”可愛さで仕上げられた。

    また、差し替えで鬼気迫る鬼化状態も再現可能となっており、“護身用”のモーニングスターも付属するので、好みの姿で飾って欲しい。

    フィギュア「レム」の価格は12,300円(税込)。「GOODSMILE ONLINE SHOP」での予約受け付けは2月14日12時~3月15日21時まで行われる。

    フィギュア「レム」
    発売日: 2018年2月
    価格(税抜): 11,389円
    価格(税込): 12,300円
    仕様: ABS&PVC 塗装済み完成品・1/7スケール・専用台座付属
    全高: 約225mm

    (C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会【ほかの画像を見る】フィギュア「レム」12,300円(税込)(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会
    フィギュア「レム」12,300円(税込)(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「Re:ゼロ」レムといえばやっぱりコレ! 王道の"メイド服"フィギュアが鬼がかった可愛さ  はわわ...】の続きを読む


    Twitterユーザー・Takanori MAEHARA(@tmaehara)さんのコンビニでのやり取りが話題になっています。

    Takanori MAEHARAさんはコンビニで肉まんを購入した際、「肉まんください、Tポイントカードありません、袋いりません、お手拭きいりません、レシートいりません」と店員さんに伝えたそうなのですが、その後の店員さんの反応がどうも『バグっている』ような反応だったそうです。

    その話題のツイートがこちら!





    なぜお箸!笑

    全部いらないと言ってくれるのは、お店側としても手間が省けて嬉しいですよね。

    でも先回りして言われてしまった店員さんもかなり焦ったはず。

    このツイートへの反応一部ご紹介します。










    ※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

    コンビニ店員に要望を一気に伝えたらバグかな?と思うような反応が帰ってきた笑


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【コンビニ店員に要望を一気に伝えたらバグかな?と思うような反応が帰ってきた笑 はわわ...】の続きを読む


     水戸市と納豆製造業者でつくる協同組合が2日、JR水戸駅前で特産のわら納豆300本を無料配布した。市民に消費拡大を呼び掛け、「納豆の街」を全国にアピールする狙いだ。先月30日に発表された総務省の2017年家計調査で、水戸市は1世帯当たりの納豆支出額が3位に転落し、1年で首位の座を明け渡した。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    「日本一」奪還を目指し、納豆を無料で配るイベントが行われた=水戸市のJR水戸駅南口で、根本太一撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【水戸市:納豆の支出額3位に転落 消費拡大を呼び掛け はわわ...】の続きを読む


     厚労省は2日、インフルエンザの1月22~28日の1週間の患者報告数が、定点の1医療機関当たり52.35人だったと発表。過去最多を更新した。今シーズンの累積患者数は推計1111万人になった。年齢構成などの偏りを補正した上で推計した1週間の患者数は274万人で、前週の283万人からわずかに減っている。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【厚労省:インフル最多更新 1週間の患者・推計274万人 はわわ...】の続きを読む

    このページのトップヘ