はわわ速報

はわわ…と思ったニュースや出来事をお届けします。

    アニメ・漫画


    Image: Arpan Rank/Shutterstock

    時短術としては、全然アリだと思うんですけどね。

    嘘かマコトか、はたまたネット上の神話なのか? 世の中にはアニメを通常より速いスピードで観る人たちがいるのだそうです。技術的には可能なことですが、なんだか大事なものを見逃し/聞き逃しそうな気がしなくもありません。

    アニメの倍速視聴について、アニメとマンガのデータベース&コミュニティーのMyAnimeList.net(MAL)などで、こうした議論が度々起こるそうです。ここはユーザーがエピソード毎に評価点や自分が何時間観たのかという情報なども書き込めるようになっているのだとか。結果的に大量のアニメを観ることになるわけですが、日本の有名SFアニメ『攻殻機動隊』関連や『カウボーイビパップ』などはかなりのリスペクトを持って評価されているようです。

    ユーザーは日記という形式でテキスト情報を記し、そこで作品に対する熱意を書き込むようになっています。ですが時に見かける超絶アニメオタクは、何百、何千時間もアニメを観ていると書く輩もいるんですって。

    ですが常識的にここまで時間を裂けるのでしょうか? 信憑性はさておき、人ひとりが観るにはあまりにも膨大な時間ですよね。

    MALユーザーのKezoneはこのように語っています。

    サイトではたくさんのアニメを観た人の意見ほど重要視される傾向があるんです。個人的に、ひとりが人生すべてを賭けてそこまで観ているだなんて、ちょっとひいてしまうんですよね。でもこうしたコミュニティーでは、そういう考えは見受けられないんですよ

    アニメに限らず映画でも、映像作品をコレクションする形で観るタイプの人もおり、2012年頃に登場した月額有料映画サイトMubi や、映画系SNSレビューサイトのLetterboxdなどで高評価だからという理由で勝手にプレッシャーを感じ、人気作ばかりを観るタイプの人もいます。ほかにもユーザーKousakaKが、こう返してくれました。

    大嫌いな作品だって、見終えたというリストに追加するために全話みたんですよ。きっと自分にとっていいことじゃないんですけどね

    Clanky72は、こう答えています。

    RPGでレベルをあげるような感じですね。ゲームのロード時に出るバーとか、経験値が横に延びるバーみたいな。作品を見終えたときに延びるMALのバーは、作品を見終えたときにある種の達成感を与えてくれるんですよ。それがなければ、もっとゆっくりアニメを観るでしょうけどね

    競争のようでもあり、自己満足でもある作品コンプリートへの道。かつては小さい仲間内だけでワイワイやっていたのが、インターネットに場所を移すと競合相手も、読んでくれる人も世界規模に…。なのでどんどんにハマっていくのでしょうね。

    そこまでハマっていないユーザーからは「単なるネットミームだと思ってた」や、「ただリストを埋めたいだけだなんてバカげている」と白い目で観る人もいたりして、コンプ厨は多大な尊敬を集める反面、ときには非難の対象として思われる側面もあったりします。MALの性質上、アニメの大量消費をおのずと促してしまった功罪なのでしょうね。

    コンプを目指す人の中には、「観はじめたら途中で辞めない」という信念を貫いている人たちもいます。たとえば『遊☆戯☆王』に大きく影響を受けたであろう『デュエル・マスターズ』なんかも、途中でイヤになっても最後のエピソードまでガマンして観るわけです。

    ユーザーMichaelが、倍速視聴について話してくれました。

    これまで2度だけ倍速で観ましたよ。それは『NARUTO -ナルト- 疾風伝』が原作に追いついて、アニメのオリジナルを流したシーズン。それと『MASTERキートン』。そのときまでは「途中で辞めないポリシー」を貫いていたのですが、それ以降その信念を捨て、倍速再生もしなくなりました

    これは氷山の一角でしょうが、このようにみずからが課したルールに縛られて、倍速視聴をせざるをえない状況を生みだしてしまったのが原因というのが多々あるようです。

    pgmhecateiiはすべて倍速で観るという強者です。

    基本的に、全シーズン放送されるものすべてを倍速で観ますよ。あまり誇れるものではありませんけどね

    ほかにも、2倍でなくとも1.2倍や1.3倍で観るというユーザーもおり、やはり同じポリシーを持っています。

    それにDe Jonghというユーザーはこう話しています。

    ボクは個人と仕事の時間を最優先して、アニメ消費は二の次ですよ。リストのために観ることはしませんよ。競争のためではなく、アニメを観ることが好きなだけなんです

    ですがこの方、そろそろ4,000シリーズ目に到達するくらいコアなアニメファンなんですって!! やっぱり倍速で時短しているから、ここまで観ることができているんでしょうかねぇ?

    Image: Shutterstock
    Source: MyAnimeList.net, Letterboxd

    Steven T. Wright - Gizmodo US[原文

    岡本玄介



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【なんでアニメを倍速で観る人がいるのだろう? はわわ…】の続きを読む


     漫画の「違法アップロードサイト」を問題視する声が広がってきている昨今。「なぜいけないことなのか」が分かっていない人の存在も、こうしたサイトがなかなかなくならない要因の1つかもしれません。

    【画像:漫画の続きを読む】

     そんな現状に一石を投じる、坂野杏梨さんの漫画が話題になっています。現役の商業漫画家であり、同人活動も行っている坂野さん自身の立場から、なぜ違法アップロードサイトがいけないのか、創作物にお金を払わないということがどういう事態を招くのか、モラルや法律などとは別の視点から分かりやすく語っています。

     坂野さんはまず、同人誌を作るまでの過程を説明。「原稿を描く」というメインの作業以外にも、印刷所へ発注し、イベント会場へ同人誌他の重い荷物を運び、イベント終了後も通販の手続きをし……。これらの作業を、ほぼ1人でこなしていかなければなりません。同人誌が読者の手に渡るまでには、膨大な時間と苦労がかかっているのです。

     また、商業漫画の実態も紹介。作家は、連載を取るまでの間は無収入……。何度も何度も修正した企画が、一夜にして白紙に戻ることもあるそう。また、連載を取れたとしても修正や締め切りに追われる毎日。さらに商業漫画には編集者、デザイナーなども関わっています。多くの人の手を経てようやく1冊の単行本になりますが、1巻の売れ行きが不調だった場合、2巻は発売されないことも。

     多大な苦労の上にようやく成り立っている1冊の漫画。それを違法なサイトで閲覧することは、書店や会場で万引きしてるのと同じ事だと坂野さんは主張。最後には「つまり私が何を訴えたいかって……」「金払って読め」と強調しています。読者がきちんとお金を払うことで、読みたい作品、好きな作品を守っていけるんですね。

     具体的で分かりやすい説明が反響を呼び、この漫画を載せたツイートは3万6000RTを突破しました。坂野さんは現在ヤングマガジン サード(講談社)にて『さよならピーターパン』(原案:サンライズ)を連載しており、同作は既に単行本1巻が発売されています。漫画制作の工程を知った上で読んでみると、これまでと違った楽しみ方ができるかもしれません。特設サイトはこちらから。

    「頑張って作った本がもし売れなかったら作家はすぐ死にます」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「売れなかったら作家はすぐ○にます」 なぜ違法アップロードサイトがいけないのか、漫画家視点で描いた漫画が分かりやすい はわわ…】の続きを読む






    <ガンプラW杯2017>世界王者の中2畑めいさん 来年は「受験に専念」 再来年にオープンコース挑戦 <ガンプラW杯2017>世界王者の中2畑めいさん 来年は「受験に専念」 再来年にオープンコース挑戦
    …お医者さんの免許を取ること」で、夢に向かって勉強に専念するようだ。 ガンプラW杯は、ガンプラの工作や塗装技術、アイデアなどを競う国際大会。11年に始ま…
    (出典:エンタメ総合(まんたんウェブ))

    2e947145


    えっすご… 【『ガンプラW杯』クオリティたかすぎない...】の続きを読む



    無許可でこれって...


    ホラー漫画、自主規制で真っ黒に 作者には事後承諾 ホラー漫画、自主規制で真っ黒に 作者には事後承諾
    …されたからだ。『殺戮モルフ』自主規制で真っ黒に『犬神』『鬼畜島』など、スプラッタホラー漫画を数多く手がける外薗昌也さん。『殺戮モルフ』は、『6000-…
    (出典:エンタメ総合(KAI-YOU.net))

    【【殺戮モルフ】漫画の新刊、無許可でグロシーン墨塗りで発売される】の続きを読む

    このページのトップヘ