はわわ速報

はわわ…と思ったニュースや出来事をお届けします。

    ニュース


    近年世間を騒がせた危険生物に関する記事を、4日連続で再録します。3日目のきょうは「アライグマ」について。罠に掛かったアライグマを保護した後、山に放そうとした女性が摘発。見た目は可愛いが、ペットには向かないというアライグマの素顔とは……(初公開日:2017年11月9日)。

    ヒアリスズメバチヒグマの記事も公開中

    *  *  *

     罠にかかった動物を目の前にしたら、どうするか。昔話のツルの恩返しを聞いたことのある御仁なら、動物を助ける気持ちになるかもしれないが、ご用心。動物によっては警察に摘発されるというのが世知辛い現代社会の現実だ。

     今回、そんな“罠”にかかったのは大阪府富田林市の女性(43)。アライグマを野に放したなどとして、警視庁生活環境課が10月31日、特定外来生物法違反容疑で書類送検した。外来生物を放した疑いでの摘発は全国初という。

    「女性は3月~9月、北米原産の特定外来生物、アライグマ4匹を自宅で飼育し、府内の山に放した疑いで摘発されました。会社の倉庫で、生後間もない姿で発見し自宅でドッグフードなどをあげながら飼育。その後、放したそうです。女性は『駆除されるのが可哀想だと思った』と話しており、かなりの動物好きだったようです」(警視庁担当記者)

     アニメ「あらいぐまラスカル」で知られ、愛くるしい表情で動物園でも人気のアライグマ。だが、その素顔は猛々しい。気が荒く、飼い主にも危害を加える上、手先も器用で脱走は日常茶飯事。雑食で、農作物を荒らし、両生類など他の在来種にも襲いかかる。かつては日本でもペットとして流通したが、飼いきれず捨てられ、野生化する個体も多かったといわれる。05年に研究目的を除き販売、飼育などが禁止される特定外来生物に指定された。

    「放すのもだめ、飼うのもだめ。結局は行政に殺処分してもらうしかない。ただ、警視庁が入手した、放される前のアライグマの写真も見ましたが、いかにも赤ん坊という感じで何とも可愛い。情が移る気持ちはわかります。そもそもアライグマが箱をかじる被害が続いたことから、会社が仕掛けた罠にかかったので、女性にとっても仕事上の“天敵”なのですが……」(同前)

     アライグマを放した場合、同法では3年以下の懲役、もしくは300万円以下の罰金が科されることになる。

    「情報提供があり、同課環境第3係(別名いきもの係)が任意で事情聴取をしたその日に放してしまった。飼育を続けていればこんな大事にはならなかったのだが……。アライグマの犠牲になる他の動物にも思いを馳せてほしい」(同前)

     恩返し、どころか手痛いしっぺ返しで終わりそうだ。

    (「週刊文春」編集部)

    見た目は実に可愛いが…… ©文藝春秋


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【アライグマを放して初摘発 「かわいそう」の裏にあった獰猛な素顔――2018年も気をつけたい身近な危険生物 はわわ…】の続きを読む


     晴れ着のレンタル・販売会社「はれのひ」(横浜市中区)と契約した新成人に振り袖が届かず、連絡が取れなくなった問題で、同市の林文子市長は9日の定例記者会見で「経営者としてとんでもないこと。激しい怒りを感じている」と憤りをあらわにした。市消費生活総合センターは今回のトラブル専用の特別相談窓口を設置した。

    横浜市の林文子市長


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【晴れ着トラブル:「経営者に激しい怒り」横浜市長 はわわ…】の続きを読む




    成人式楽しみにしてたひとがかわいそうすぎる



    成人式に晴れ着ない…「はれのひ」突然閉鎖
    成人の日の8日、振り袖などの販売やレンタルを手がける「はれのひ」(本部・横浜市中区)の店舗が突然閉鎖し、数百人規模の新成人が振り袖を着られなくなる被…
    (出典:社会(読売新聞))
    【【はれのひ詐欺?】振袖レンタル業者『HARENOHI』が成人式当日に閉店!利用者の着物も消滅って酷すぎる…】の続きを読む


    年明け2日、デンマーク・コペンハーゲンのバーから、世界一高価とされるウォッカが盗まれるという事件があった。

    1本1億5000万円相当

    盗まれたウォッカはRusso-Baltiqueというブランドのもので、時価130万ドル(約1億5000万円)。

    被害にあったコペンハーゲンのバー「Cafe 33」のオーナBrian Ingbergさんは、今月2日に盗まれたウォッカのボトルをFacebookとInstagramで公開し、その後警察に届け出た。

    そのウォッカは客に提供するのではなく、コレクションとして展示してあったもの。「展示を始めて6ヶ月で盗まれてしまった」とIngbergさんは海外メディアに言っている。

    金、銀、ダイヤの装飾ボトル

    盗まれたウォッカはラトビアの高級車メーカー「Dartz Motorz」が記念品として製造したもので、ボトルには約3,000グラムの金、銀、ダイヤモンドを使った贅沢な装飾が施されている。Cafe 33ではこれを借り受けて展示していたそうだ。

    盗まれたのはその1本だけ

    店内の防犯カメラの映像には、野球帽を被り、服の襟首をずりあげて顔を隠した2人の犯人が瓶を持ち去る様子が映っている。

    Cafe 33はウォッカのコレクション数で世界一と言われており、1,200点以上のウォッカが店内にあるが、盗まれたのはRusso-Baltique1本だけだった。

    警察は現在犯人を捜査中。バーのオーナーは、犯人逮捕に繋がる情報を賞金付きで求めている。

    世界一高価な1.5億円のウォッカが盗まれる


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【世界一高価な1.5億円のウォッカが盗まれる はわわ…】の続きを読む




    捕まってよかった



    取手“クロスボウ殺人未遂” 男に実刑判決 取手“クロスボウ殺人未遂” 男に実刑判決
    …2015年、茨城県取手市で帰宅中の男性をクロスボウで撃ち、殺害しようとした、殺人未遂の罪などに問われた無職の男の裁判員裁判で、水戸地裁は懲役12年6か…
    (出典:社会(日本テレビ系(NNN)))
    【【裁判】クロスボウで自転車の通行人を撃った被告に12年の懲役】の続きを読む

    このページのトップヘ